歴史ファンの大航海時代DB

歴史ファンで扱った歴史記事のまとめサイトです。

ホーム
国家の歴史
人物列伝
発見物歴史
歴史雑学
BBS
LINK

ホーム >   >  国旗のあれこれ

★大航海時代以前の食文化
同盟制度の歴史的見解
ピタゴラスとシュメール
古代インドの核戦争
チャーチワードとオーパーツ
未来都市アレクサンドリア
古代の電池とメッキ法
ピリー・レイスの地図の謎
ロゼッタストーン
NETHERLANDってなんて読むの?
アトラスについて
コンスタンティノポリス
国旗のあれこれ
メソポタミアの新年祭
歴史的領地をさぐってみる
スワヒリ語ってなに?
「ダム」と「ブルク」ってどんな意味?
セーヌ川の由来
絶対王政とは?
フアンの元ネタをさぐってみよう
サラミス海戦
ローマの変な皇帝列伝
魔女裁判官ジャン・ボダン
赤毛のエイリーク
ドゴン族と占星術
ルシフェル
ローマとパルミラ
★プレステ・ジョアンの国
バジリスクの瞳
アトランティスの伝説
死海文書
ラバルナ王とヒッタイト
ヴェーダ
悲劇の追悼
アレクサンドリアは都会なのか?
マラトンの戦い
古代メソポタミアのグルメ
スパルタの食生活
ハンザ同盟
「王の中の王」アレクサンドロス
悪魔の研究家
「不屈の王」フィリッポス
「串刺し公」ブラド=ツェペシ
「尊厳者」オクタビアヌス
フランソワ=ロロノア
アルメイダとアルブケルケ
カエサル
「栄光に踊った男」オドアケル
「中世最大のカリスマ」サラディン
黒太子エドワード

歴史雑学

国旗のあれこれ

大航海時代オンラインでもいろんな国の国旗が出てきます。フランス国旗なんかは、現在のと違って、王朝仕様ですのでずいぶん違います。
今回は国旗のあれこれを語ってみたいと思います。

●世界最古の国旗
赤地に白の十字が入った国旗「ダンネブロー」と呼ばれる国旗。
この国旗が世界最古の国旗です。
これはどこの国旗かというと・・デンマーク。
ダンネブローとは、色のついた布という意味で、今では、デンマークの旗の呼称になっている。この国旗の成立の伝承はこんな感じです。
1219年デンマーク国王ヴァリデマール2世が、エストニアに遠征したとき、苦戦中のデンマーク軍のうえに、どこからともなくダンネブローの旗が舞い降りてきた。
これこそ神のご加護とデンマーク軍は反撃に転じ、見事勝利をおさめたと伝えられる。
その後、このダンネブローがデンマーク王の紋章として取り入れられたのが14世紀。
1854年には個人の使用が認められることになる。

●イスラムの緑
オスマンの国旗の色も緑なんですが、緑はイスラム教では神聖な色で、現在のイスラム系の国家でも緑色が多い。
これに、コーランの一節を添えている国も多いそう。
また、オスマントルコの国旗は三日月と星が描かれているのだが、これがなぜなのかは、諸説がたくさんあって、定かではないらしい。
有力な説では、古代ギリシアの月の女神アルテミスがビサンティオン(現イスタンブール)の守護神となっていたことから、ビサンティオンでは三日月が街のシンボルとされた。
そして、330年にローマ皇帝コンスタンティヌスがビサンティオンからコンスタンチノープルに名前を変更した際に、この名前を聖母マリアに捧げ、その象徴として星が取り入れられたという。
といっても・・これってイスラムな話題じゃないんですよねえ・・。
Powered by | nucleus | hanamachi-Ya!